実績・コスパ◎の会社はどこ? 長野で建てる理想の注文住宅ガイド » 【ニーズ別】長野で建てたい注文住宅カタログ » 1,000万円台で注文住宅を建てたい

1,000万円台で注文住宅を建てたい

このページでは、長野県で1,000万円台の注文住宅を建てようと考えている人のために、1,000万円台の注文住宅の特徴やメリット・デメリット、長野県内でローコスト住宅を得意とする住宅メーカーの施工事例などを詳しく紹介しています。

1,000万円台のローコスト住宅の特徴

一般的に1,000万円台の注文住宅は、低コストで家を建てたいと考えている人に選ばれやすい注文住宅です。基本的に住宅のデザインとしてはシンプルなものとなり、1階と2階が同じサイズの総2階建てで、山形の切妻屋根や片流れ屋根を持つ形状の家が多くなります。また、外壁材や内装材もなるべく単価が安く、施工日数も短くて済むようなものが選択されるでしょう。

1,000万円台で建てられる注文住宅のメリット・デメリット

メリット1:低コストで自分の家を持てる

ローコスト注文住宅のメリットは、経済的にそこまで余裕がなくても、自分の家を持てるということです。特に、ローコスト住宅を得意としている注文住宅メーカーであれば、設計プランが決められたパッケージ型の住宅であっても、複数の選択肢を用意してくれており、限られた予算内で自分なりのこだわりを表現することができます。

メリット2:基本性能を維持しながら価格を抑えられる

ローコスト住宅を数多く手掛けている注文住宅メーカーでは、独自の流通経路の確保や、一貫した自社施工などにより、無駄なコストを削減する工夫を行っています。そのため、あくまでも住宅としての基本性能を維持した上で、コストメリットの多い家を実現することが可能です。

デメリット1:デザインなど設計の幅が狭い

1,000万円台の注文住宅では、どうしても土地代や最低限の建築資材コスト、施工費用などがかかってしまい、設計にまで予算を回すことが難しくなりがちです。ただし、デザインや間取りがシンプルだからこそ、壁紙や家具を工夫することで全体の雰囲気を変えやすくなるとも考えられます。

デメリット2:住宅性能と将来的な維持費に注意

ローコスト住宅では、最新設備や最新機能を備えた家を実現することが難しく、気密性や断熱性でも高価格帯の住宅より劣る可能性があります。また、それによって空調費など維持費が多くなり、生涯的なトータルコストで見ると、実はお得でないといった可能性もあるでしょう。そのため、将来的なコストについても計算しておくことが大切です。

ローコスト住宅を実現するために必要な3つの要素

価格を抑えたローコスト住宅ですが、品質の悪い価格の安い材料を使っているわけではありません。

構造上の極端なコストダウンを図っっているのではなく、良質な材料で高性能の家を安価で建てているのがローコスト住宅なのです。 そんな魅力的なローコスト住宅の実現に必要不可欠な3つの要素を見ていきましょう。

材料費

家づくりに必要なの材料費は、一般的に家の本体に用いる木材、鉄骨、コンクリート、内装材といった材料のこと。キッチンやトイレなどの水回りの設備機器も材料費が含まれることも。ローコスト住宅ではそれぞれの工務店とハウスメーカーで独自のコストカットテクニックを持っています。

たとえば、材料の一括大量購入。ある程度の規格に基づいた建材を大量に安く仕入れそこから細かい加工に入ることでコストを抑えることが可能です。昔ながらのお付き合いから良質も資材などを安価に仕入れて経費を抑えているところも。

また、木材などはまとめてプレスカット工場に発注し部品化したものを仕入れ、材料費の原価を抑える工夫をしているところもあります。

人件費・広告宣伝費

人件費は主に大工さんにかかる費用のこと。携わる人数、工事にかかる日数が長くなればなるほど人件費はかさむでしょう。

大工さんが現場ですべての作業をするのではなく、規格の決まった材料をあらかじめ工場でプレカット。現場での組みたてを省力化し大工さんの人件費を削減する工夫をしています。

ほかにも自社で販売網を持たず販売している住宅メーカーは、不動産会社にまかせて販売にかかる人件費コストを削減しているところもあるようです。

広告宣伝費は家を売るために自社や商品について、テレビCMや広告、展示会などで広く宣伝するためにかける費用のことで販促品もこの中に入ります。

フランチャイズチェーン化されたローコストハウスメーカーでは、本部が一括で宣伝費用を取り仕切ることで宣伝費用を削減。大手と言われるところでも大々的な広告を打たずCMの本数を減らしたりテレビCMをするにしてもローカル放送のみにすることなどで費用の削減を行っています。

現在はホームページやSNSなどを上手に使い、お金をかけずに伝えたい情報を欲しい方に届ける手段をとる方法もスタンダードになります。

諸経費

家を建てる時に意外とかかるのが諸経費のこと。たとえば、契約印紙代や不動産登記の費用、火災保険料、住宅ローンの借り入れにかかる手数料、地鎮祭や建前などの行事にかかる費用、仮住まい費用などになります。

諸費用の目安としては、家づくり全体のおおよそ1割前後を予定したいところでしょう。この諸費用に関してはある程度固定した費用となるため、この部分の費用を抑えることは難しいと言えます。

ローコスト住宅で後悔しないために
チェックしておくべきポイント

保証や定期点検をチェック

家は建ててからが本題。長く住むことを考え、保証や定期点検など建てた後のこともチェックすることでしょう。ローコスト住宅は保証期間が数年と短いケースもあります。

建てた後のアフターメンテナンスや保証の期間が切れメンテナンスに思わね費用が掛かってしまうことも。保証や定期点検は必ず確認しておき、トラブルを防ぎましょう。

住宅性能表示制度のランク

平成12年に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(略称「品確法」)の1つの柱である住宅性能表示制度によって、住宅の性能を登録住宅性能評価機関(第三者機関)が評価基準に従って客観的に評価されるようになりました。

そしてその結果を性能評価書として交付する制度があります。

施工会社は、自社の商品の性能を住宅性能表示制度の基準に当てはめた場合の等級を明示している場合もあります。そのランクを確認してみるのも良いでしょう。

施工業者・担当者とのコミュニケーション

ローコスト住宅を取り扱う会社は、ローコストに家を建築するためノウハウをたくさん持っています。どういった方法でより予算に近い金額で建てることが出来るのか、自分たちの希望を一つでも多く取り入れた家を建てるためにできることはないか。色々教えてもらいながら家づくりを進めたいものです。

施工業者や担当者とのコミュニケーションはその業者の良し悪しを見るうえで大切になってきます。信頼できる人なのかどうか、見極める時間として大切なところです。

今回話したことが次の打ち合わせできちんと反映されていなかったり。こちらの話を聞いて、訂正するよりもこのままで勧めたいという雰囲気が出ることもあります。なんでもこちらの言う事を反映させてくれることが全て良いわけではありませんが、プロとしての専門的な知識をわかりやすい言葉で伝えてくれる信頼できる住宅メーカーにお願いしましょう。

坪単価で比較!
ローコスト住宅の計算方法とは

坪単価とは、建物の本体価格を延床面積(建物の合計床面積)で割った数値のこと

通常の住宅を建築する坪単価は、50~60万程度が平均となっています。ローコスト住宅と呼ばれる住宅の坪単価は30~50万です。

坪単価30万円で家を建てた場合(一例)

坪単価60万円で家を建てた場合(一例)

1,000万円台の注文住宅が得意な会社3社

アルプスピアホーム

長野で年間170棟以上の注文住宅を手掛けるハウスメーカーで、29種類のプランから、予算やニーズに合わせて家のベースを選択できます。また、独自のノウハウによって無駄なコストを削減して高品質・高性能な家づくりを行っているだけでなく、地域に根ざした営業を続けているため、アフターサービスにも力が入れられている点が特徴です。

アルプスピアホームの施工事例

アルプスピアホームの施工事例1
引用元:アルプスピアホーム公式サイト(https://www.a-p-h.co.jp/plan/details_28.html)

空間を上手に活用しながら、1,000万円台でも自由設計の家を建てられます。また、耐震性や断熱性といった住宅性能についても、標準仕様でフル装備となっており、コストパフォーマンスや満足度の高い家を実現することが可能です。

アルプスピアホームの詳細

アルプスピアホームについて
もっと詳しく

アイダ設計(上田モデル店)

これまでに数々の受賞実績を持つ、高性能な注文住宅を数多く手掛けている注文住宅メーカーです。また、高品質な家づくりを追求する一方、自社工場での資材加工や、独自ルートでの資材の大量仕入れといったコスト削減の取り組みも徹底しており、プランによっては坪22.9万円から注文住宅を建築可能という点も見逃せません。

アイダ設計(上田モデル店)の施工事例

アイダ設計(上田モデル店)の施工事例1
※施工事例は完成予想図
引用元:アイダ設計(上田モデル店)公式サイト(https://www.aidagroup.co.jp/order/view/1)

ブラーボスタンダードは、品質に妥協せず、自由設計で家を建てたいという施主の要望を叶えるために用意されているコンセプト住宅です。ベタ基礎や高性能グラスウール断熱材といった特徴に加えて、35年の長期保証が用意されていることもポイントでしょう。

アイダ設計(上田モデル店)の詳細

アイダ設計(上田モデル店)について
もっと詳しく

トヨタホーム名古屋(信州カンパニー)

トヨタグループならではの高度な技術力によって、安全性と品質にこだわりながら、家族が長く安心して暮らせる快適な家づくりを目指しているハウスメーカーです。また、大手企業だからこそ保証力にも優れており、充実した長期保証で家族の生活を見守ります。ローコスト住宅としては、品質と性能のバランスに優れた企画住宅「LQ」が用意されています。

トヨタホーム名古屋(信州カンパニー)の施工事例

トヨタホーム名古屋(信州カンパニー)の施工事例1
引用元:トヨタホーム名古屋(信州カンパニー)公式サイト(https://www.toyotahome.co.jp/chumon/jitsurei/0079/)

高品質・低価格な企画住宅「LQ」をベースにしたモダンなデザインの住宅です。広々としたLDKをオシャレに演出できるよう照明器具にこだわったり、将来を考えて子供部屋に使える洋室を増やしたりと、末永い暮らしを考えた工夫が各所に施されています。

トヨタホーム名古屋(信州カンパニー)の詳細

トヨタホーム名古屋(信州カンパニー)について
もっと詳しく