実績・コスパ◎の会社はどこ? 長野で建てる理想の注文住宅ガイド » 【長野で家づくり】気になる情報を総まとめ » 住みやすい地区

住みやすい地区

長野市内で住みやすいと評判の地区をリサーチし、それぞれの特徴やメリットについてまとめてみました。

古牧地区

古牧地区は、長野市の中東部にある地域。都市部にあるため生活の利便性が高く、長野駅へも車で15分ほどと各エリアへのアクセスも良好です。地域のイベントも多く開催されており、隣人同士のつながりが強いのも古牧地区の特徴。
地域で子育てや高齢者支援に取り組んでおり、とくに子育て支援ではアビイクオーレの2階にある「にこにこ広場」が評判。約335平米のフロアには大型の遊具などがあり、子育て情報の提供や短時間託児などのサービスも充実しています。

芹田地区

長野県の中心市街地である、長野駅東口に位置する芦田地区。東口にはさまざまなオフィスや飲食店などが建ち並び、大型のスーパーマーケットやスポーツショップなども豊富に揃っています。
長野県民文化会館(ホクト文化ホール)や県立長野図書館などを有するのも芦田地区の特徴で、若里公園・犀川第2緑地・りんどう公園といった公園も多数。文化の香りに包まれながら、豊かな自然の中でのんびり過ごせるエリアでもあります。

更北地区

犀川を挟み、長野市の中心市街地より南側に位置する更北地区。「川中島の戦い」の舞台としても有名なエリアで、川中島古戦場祭り大花火大会などが行われています。更北体育館や、長野冬季オリンピックでフィギュア会場として使用されたホワイトリングなど、スポーツ施設が充実しているのも特徴です。
また、住民が主体となって行っている婚活イベントや子育て支援など、若い世代に優しい街づくりを目指しているのも特徴の1つです。

篠ノ井

長野市の最南端にある篠ノ井地区。鉄道では信越本線・篠ノ井線の分岐点、一般道では国道18・19号の交通要所として発展してきたエリアで、長野市における副都心的な役割を担っています。
JR篠ノ井駅前にはさまざまな専門店が揃う商店街があり、沿道にはスーパーマーケットやドラッグストアなども点在しているので生活も便利。エリア西部の茶臼山には動植物園・恐竜公園等などもあり、市民の憩いの場となっています。

安茂里

長野市市街地の西にある安茂里(あもり)地区。郊外ではありますが中心市街地に近いため、ベッドタウンとして発展したエリアです。鉄道は篠ノ井線としなの鉄道線の2つが乗り入れており、路線バスもあるため周辺地域へのアクセスが良好。電車通勤の方にとくに選ばれているエリアでもあります。
地域の問題や課題を解決し、より良い住環境とするための住民自治協議会などもあり、地域の連帯感も強くなっています。

長野で注文住宅!
2大施工会社の比較を見る