実績・コスパ◎の会社はどこ? 長野で建てる理想の注文住宅ガイド » 【長野で家づくり】気になる情報を総まとめ » 助成金

助成金

長野市では、住まいづくりを考えている人や、子育て世代などに対するさまざまな助成金制度を設けています。経済的な負担を軽くするためにも、上手に利用しましょう。

長野市で受けられる助成金一覧

長野市新マイホームづくり資金融資

長野市新マイホームづくり資金融資は、長野市民が市内に自宅を新築・購入、または増改築・耐震改修工事などを行う際に資金の一部を融資する制度。融資金額は以下の通りです。

取り扱っている金融機関は長野銀行・八十二銀行・長野県信用組合・長野信用金庫・長野県労働金庫・グリーン長野農業協同組合・ながの農業協同組合で、いずれも長野市内の店舗にて申し込みが可能。
利率は融資実行後10年間は2.5%、それ以降は金融機関の定める固定金利型の住宅資金が適用されます。返済期間は25年以内となっており、ボーナス返済も可能な元利均等毎月払いです。

長野市多子世帯保育料軽減制度

長野市多子世帯保育料軽減制度とは、第3子以降の出産をサポートするための制度。この制度を利用すれば、第3子以降の保育料が軽減されます。
対象となるのは、「同一世帯に子どもが3人以上おり、3人目以降の子どもが幼稚園・保育園・認定こども園・地域型保育事業(事業所内保育など)を利用している世帯」。
軽減額は、市の保育料基準額表でD6階層以下の3歳未満児は保育料の全額(月額最高44,000円まで)、それ以外の子どもは月額最高6,000円が軽減されます(保育料が6,000円以下の場合は無料)。

長野県で受けられる助成金

知っておきたいその他の助成金制度は以下のとおりです。

ながの子育て家庭優待パスポート

ながの子育て家庭優待パスポートとは、長野県が市町村との連携で実施している子育て世代への優待制度。協賛店舗でパスポートを提示することにより、さまざまな割引やサービスを受けられるようになっています。
パスポートの種類は、18歳未満の子どもや妊婦がいる家庭が使用できる「ながの子育て家庭優待パスポート」と、18歳未満の子どもが3人以上いる家庭が使用できる「多子世帯応援プレミアムパスポート」の2種類。住民登録をしている市町村から配布されます。

環境配慮型住宅助成金(信州健康エコ住宅助成金)

環境配慮型住宅助成金とは、平成29年度に実施されていた信州健康エコ住宅助成金を引き継ぐ形で始まった事業。これまでの制度は、環境に配慮した木造住宅の新築や省エネリフォーム化の費用を助成するものでしたが、環境配慮型住宅助成金は新築とリフォームを一本化しているのが特徴です。
新築の場合は住宅省エネ基準の条件を満たしており、長野県産の木材を使用して県内に自宅を建てる場合に30~80万円を支給。リフォームの場合は県内に居住または県外から移住する人が対象となっており、工事費の20%まで(最大50万円)が助成されます。

長野で注文住宅!
2大施工会社の比較を見る