実績・コスパ◎の会社はどこ? 長野で建てる理想の注文住宅ガイド » 長野の住宅メーカー施工数ランキング » ローコストの注文住宅を建てたい

ローコストの注文住宅を建てたい

1,000万円以下も夢じゃない!
ローコスト住宅を建てよう

ローコスト住宅は、一般的に建物価格が1,000万円程度に抑えられている通常の注文住宅よりも安価に建てられる住宅のこと。予算に限りがあるけれど、自分好みの戸建てを建てたいという方にはぴったりでしょう。

気になるのはその安さのヒミツ。安いからといって質が悪いということではない、その仕組みについてまとめてみました。

ローコスト住宅を実現するために必要な3つの要素

価格を抑えたローコスト住宅ですが、品質の悪い価格の安い材料を使っているわけではありません。

構造上の極端なコストダウンを図っっているのではなく、良質な材料で高性能の家を安価で建てているのがローコスト住宅なのです。 そんな魅力的なローコスト住宅の実現に必要不可欠な3つの要素を見ていきましょう。

材料費

家づくりに必要なの材料費は、一般的に家の本体に用いる木材、鉄骨、コンクリート、内装材といった材料のこと。キッチンやトイレなどの水回りの設備機器も材料費が含まれることも。ローコスト住宅ではそれぞれの工務店とハウスメーカーで独自のコストカットテクニックを持っています。

たとえば、材料の一括大量購入。ある程度の規格に基づいた建材を大量に安く仕入れそこから細かい加工に入ることでコストを抑えることが可能です。昔ながらのお付き合いから良質も資材などを安価に仕入れて経費を抑えているところも。

また、木材などはまとめてプレスカット工場に発注し部品化したものを仕入れ、材料費の原価を抑える工夫をしているところもあります。

人件費・広告宣伝費

人件費は主に大工さんにかかる費用のこと。携わる人数、工事にかかる日数が長くなればなるほど人件費はかさむでしょう。

大工さんが現場ですべての作業をするのではなく、規格の決まった材料をあらかじめ工場でプレカット。現場での組みたてを省力化し大工さんの人件費を削減する工夫をしています。

ほかにも自社で販売網を持たず販売している住宅メーカーは、不動産会社にまかせて販売にかかる人件費コストを削減しているところもあるようです。

広告宣伝費は家を売るために自社や商品について、テレビCMや広告、展示会などで広く宣伝するためにかける費用のことで販促品もこの中に入ります。

フランチャイズチェーン化されたローコストハウスメーカーでは、本部が一括で宣伝費用を取り仕切ることで宣伝費用を削減。大手と言われるところでも大々的な広告を打たずCMの本数を減らしたりテレビCMをするにしてもローカル放送のみにすることなどで費用の削減を行っています。

現在はホームページやSNSなどを上手に使い、お金をかけずに伝えたい情報を欲しい方に届ける手段をとる方法もスタンダードになります。

諸経費

家を建てる時に意外とかかるのが諸経費のこと。たとえば、契約印紙代や不動産登記の費用、火災保険料、住宅ローンの借り入れにかかる手数料、地鎮祭や建前などの行事にかかる費用、仮住まい費用などになります。

諸費用の目安としては、家づくり全体のおおよそ1割前後を予定したいところでしょう。この諸費用に関してはある程度固定した費用となるため、この部分の費用を抑えることは難しいと言えます。

坪単価で比較!
ローコスト住宅の計算方法とは

坪単価とは、建物の本体価格を延床面積(建物の合計床面積)で割った数値のこと

通常の住宅を建築する坪単価は、50~60万程度が平均となっています。ローコスト住宅と呼ばれる住宅の坪単価は30~50万です。

坪単価30万円で家を建てた場合(一例)

坪単価60万円で家を建てた場合(一例)

ローコスト住宅で後悔しないために
チェックしておくべきポイント

保証や定期点検をチェック

家は建ててからが本題。長く住むことを考え、保証や定期点検など建てた後のこともチェックすることでしょう。ローコスト住宅は保証期間が数年と短いケースもあります。

建てた後のアフターメンテナンスや保証の期間が切れメンテナンスに思わね費用が掛かってしまうことも。保証や定期点検は必ず確認しておき、トラブルを防ぎましょう。

住宅性能表示制度のランク

平成12年に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(略称「品確法」)の1つの柱である住宅性能表示制度によって、住宅の性能を登録住宅性能評価機関(第三者機関)が評価基準に従って客観的に評価されるようになりました。

そしてその結果を性能評価書として交付する制度があります。

施工会社は、自社の商品の性能を住宅性能表示制度の基準に当てはめた場合の等級を明示している場合もあります。そのランクを確認してみるのも良いでしょう。

施工業者・担当者とのコミュニケーション

ローコスト住宅を取り扱う会社は、ローコストに家を建築するためノウハウをたくさん持っています。どういった方法でより予算に近い金額で建てることが出来るのか、自分たちの希望を一つでも多く取り入れた家を建てるためにできることはないか。色々教えてもらいながら家づくりを進めたいものです。

施工業者や担当者とのコミュニケーションはその業者の良し悪しを見るうえで大切になってきます。信頼できる人なのかどうか、見極める時間として大切なところです。

今回話したことが次の打ち合わせできちんと反映されていなかったり。こちらの話を聞いて、訂正するよりもこのままで勧めたいという雰囲気が出ることもあります。なんでもこちらの言う事を反映させてくれることが全て良いわけではありませんが、プロとしての専門的な知識をわかりやすい言葉で伝えてくれる信頼できる住宅メーカーにお願いしましょう。

ローコスト住宅ならおまかせ!
長野でおすすめの工務店

アルプスピアホーム

長野県で最大級となる体感型ショールームを有するアルプスピアホーム。徹底したコストダウンのもとローコストで高品質な注文住宅の販売を行っています。

【所在地】長野県松本市小屋南1-13-1(本社)

タマホーム(長野店)

「木の家」にこだわり、専任の営業担当者がサポートしてくれる大手ハウスメーカー。ローコストな注文住宅。1,000万円以下で購入できる建築事例もあります。

【所在地】東京都港区高輪3‐22‐9 タマホーム本社ビル

アエラホーム(長野店)

安全性と快適性を追求した注文住宅を得意とするアエラホームは、環境設計を考えた地球と人にやさしい家が人気。購入価格だけではなく、光熱費のランニングコストを抑えることも可能です。

【所在地】東京都千代田区九段南2-3-1 青葉第一ビル2階(本社)