実績・コスパ◎の会社はどこ? 長野で建てる理想の注文住宅ガイド » 注文住宅で知っておきたい「きほんのき」 » ローコスト住宅は頭金なしで建てられるのかを解説

公開日: |最終更新日時:

ローコスト住宅は頭金なしで建てられるのかを解説

ローコスト住宅も、我々の日常生活の買い物と比較すれば高額商品です。そのため、ローンで購入するケースが一般的ですが、頭金なしで建てられるのか、さまざまな角度からまとめていますのでご覧下さい。

ローコスト住宅の頭金はどれくらい必要か

ローコスト住宅も他の住宅ローン同様、頭金は自由です。頭金が多い方がローン時の金融機関からの借入額金が減少しますので、借りやすくなる点は他の住宅ローンと共通した特徴です。

金融機関から経済力、総借入額等を総合的に加味して判断されるので、頭金0円でローンを汲める人もいれば、断られる人もいます。

頭金なしでのメリット・デメリット

頭金なしのメリット

頭金なしということは、貯金がある場合には手元にお金を残すことになるので安心感がありますし、貯金がない場合でも賃貸でお金を支払うよりは、すぐにローン返済に回せる点がメリットとなります。

頭金なしのデメリット

借入額によって返済期間が長くなる点や、ローン審査のハードルが高くなります。また、頭金がないと優遇金利でのローンが受けられないケースもあります。

頭金を払う場合は現金で支払う

頭金を支払う場合、現金での支払いがおすすめです。

そもそも、住宅ローンとは完成している家に対してのローンになりますので、それまでは利用できません。つまり、住宅ローン以外の形でお金を支払うことになるのですが、カードローン等、他のローンを利用すると住宅ローンの審査のハードルが高くなってしまいますので、身内・家族に借りるなどして現金で用意した方がよいかもしれません。

諸費用は住宅ローンと一緒に借り入れできるか

住宅ローンと一緒に借り入れできる諸費用には限りがあります。

登記費用、火災保険料、仲介手数料、取扱手数料、既存ローンに対する経過利息・違約金(借り換えを行う場合)に関しては借り入れ可能なのですが、それ以外の諸費用は住宅ローンでの取り扱いができません。

頭金なしでの建築はしっかり検討する

頭金なしでローコスト住宅を建てることは可能ではありますが、デメリットもあります。もちろん住宅ローンに通りやすいといったメリットもありますので、メリット・デメリットそれぞれを考えて、どちらにすべきなのかを考えましょう。